Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

世界と繋がる僕の仕事

先週一週間中国の長沙と言う街へ行ってきました。

今回はKODと言うダンスのオリンピックの様な大会で、この一年半に渡り25ヶ国の国々で予選が行われ、その内アジア、ヨーロッパと規定審査員として国々を渡り審査して参りました。

かれこれ18年近くダンスをやっている中、様々な大会への参加や仕事をしてきたけど、これほどの規模の大会は珍しく、この大会で勝つと言うのはすごく夢があり規模の大きさ、金額のデカさ!

毎年膨れ上がる優勝賞金ですが、今年は¥25,000,000もの賞金が優勝者達に渡されます。

この大会での特徴は総合得点が必須で一つのジャンルだけでは優勝出来ません。

ブレイクダンス(B-boying)、ヒップホップ、ロック、ポップが主なジャンルでその国々で勝ち上がるチームはジャンル違いのダンサーが一緒にステージに立ち応援し戦います。

そして今回行われたファイナルの地、中国では3会場用意されていて最後のメインイベントではステージに掛けられた費用が¥70,000,000と、、、、

いやいや!

賞金よりデカイやん!!!

と、何かとお金の掛かったW杯で国際級のイベントになってからはまだ二年目とか,,,,笑

中国の人はとりあえず盛り上がりよくとりあえず沸!ワク!わく! 会場が沸く!
エナジーたっぷりの観客からパワーをもらうダンサーは良い顔してみんな踊ってました^^

この一週間の旅では1日だけお休みをもらっていたので、観光にも行け

中国らしいキラキラした建物✨↑

中国では大きい建物がてくイルミネーションされていて街が明るい!

雰囲気のある路地♪

しかし中国の路地は雰囲気があり、大きい通りで写真撮るよりも路地ばっかり探していました><

写真好きPhotographerの僕はネオン写真が今の流行で思わずたくさん写真をとっていました

そして噂のステージがある最終日、

ダンスの大会と言うよりもミュージックフェスの様な規模と雰囲気 笑

最後はフランスが優勝を勝ち取りサッカーに続き幕を閉じました。

やはり芸術の国フランス、僕もフランスにはもう10回以上行きましたが、優勝するほどのダンサーを育てる環境と国の支援が整っていて芸術に無関心、いや、(ダンスなんて若者のたわ言だろ) って言うご年配の方が多い日本とは大きく違う。。国から大会を行う支援金や援助等は無いに等しい。。

日本でも芸術やストリートカルチャーにもう少し目を向けて行ける様になればこう行った結果もまた大きく変わっていくだろう。

しかし次の海外が楽しみにで仕方ない! と言うわけでまた遠征の際はブログ書きますか^^

MAN:Boom

シェアする!

フォローする

トップへ戻る